UVフロアコーティングで床を綺麗に保とう【暮らしやすい家づくり】

室内を自分好みに変えよう

壁紙

内装リフォームは個性重視

壁紙は日焼けや湿気などの影響で汚れが生じてしまいます。汚れた壁紙は見栄えが悪いだけではなく、カビや埃の発生源になるので速やかな張り替えが不可欠です。壁紙の張り替えは専門の業者に依頼するのが一般的ですが、作業の内容によっては費用が高額になるので予算と照らし合わせて慎重に判断する必要があります。接着剤が塗布されている既製品の壁紙を使って自分で張り替え作業を行うのが支出を低く抑える工夫の一つですが、接合面の仕上げや表面の滑らかさを保つ技能が求められるので、慣れていない人は注意する必要があります。張り替えを綺麗に仕上げるには使用する壁紙の選択と壁の下地処理が重要なポイントです。壁紙は材質や加工方法によって扱いやすさが大きく変わることから、デザインの好みと作業効率を考慮して選ぶように心がけます。日曜大工向けの既製品は簡単に扱えるように加工されていますが、壁紙は大判サイズの製品が多いので取り扱いには注意が必要です。また、壁の下地処理については凹凸が無い滑らかな仕上げにすることが大切なので、必要な道具類を用意して丁寧に作業を進めます。わずかな凹凸でも壁紙に大きな気泡や歪みが生じてしまうので、下地処理には細心の注意を払うことを心がけます。特に築年数が長い建物は建材に歪みが生じていることが多いので下地の傷みも顕著です。補修材やヤスリを使って不具合を解消させるのが好みのデザインの壁紙を綺麗に張り付ける条件になります。

Copyright© 2018 UVフロアコーティングで床を綺麗に保とう【暮らしやすい家づくり】 All Rights Reserved.